便秘対策のススメ

便秘になると、肌あれがおこったり、おなかが大きくなって太ってみえたりします。またひどいときには、気持ち悪くて食事ができなかったり、口から悪臭がすることもあります。

便秘を改善する方法はさまざまありますが、その方法のひとつは水分をしっかりととることです。
便は、水分が足りないと硬くなってしまい、なかなか出なくなります。
こまめに水分をとることがたいせつです。

そして二つ目は、食物繊維をしっかりととることと、乳酸菌をとることです。
食事のなかに、野菜やくだものが不足すると、食物繊維がとれなくなります。
食物繊維は便をゲル化したり、便のかさを増すはたらきがあります。とくに、ごぼうやにんじん、ダイコンなどの根菜類、そして豆類に多くふくまれています。これらを積極的に摂取するようにします。
また、乳酸菌は腸内環境をととのえる働きがあります。キムチ、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品に乳酸菌は多くふくまれています。また、乳酸菌をとるときに、オリゴ糖を一緒にとるようにするとその効果がアップします。オリゴ糖は乳酸菌のえさとなります。

また3つめは、適度に運動をすることです。
たとえば、ウォーキングをするだけでも、腸を外側から動かすことができ、ぜんどう運動をうながすことができます。

コメントは受け付けていません。